神学講習会

【2020年度 神学特別講習会 公開終了のご案内】

上智大学神学特別講習会:全体テーマ「教皇フランシスコの『いのち』のメッセージ」

■2019年上智大学神学部は創設60周年を記念致しました。そして同年11月26日には教皇フランシスコが来校され、大学全体に向けての貴重なメッセージをいただくことができました。この恵みの年を踏まえて、今年2020年度には初めてオンラインで神学特別講習会を配信致しました

■教皇来学1周年と 神学部創設60周年を記念する 特別企画として、今年度は無料で皆様にこのような機会をご提供できました

■今回の特別講習会では、教皇フランシスコのメッセージを多角的・重層的に深め、広く紹介いたしました。良く知られている回勅『ラウダト・シ』や『福音の喜び』にとどまることなく、教義神学、聖書学、倫理学、霊性などの側面から、単なる「Biosー物質的生命」にとどまらない「いのち」についての考察を深める機会となりました

■この特別講習会は、後ほど電子書籍の形で出版される予定です。出版の詳細に関してお申し込みの方々には、御連絡申し上げます


■主催: 上智大学神学部

■講師陣と講義内容(あいうえお順)

アイダル・ホアン(上智大学神学部神学科 教授、イエズス会司祭)
………………教皇フランシスコの哲学とそのルーツ(公開終了しました)

片山はるひ(上智大学神学部神学科 教授、ノートルダム・ドゥ・ヴィ会員)
………………「永遠のいのち」の希望:教皇フランシスコと永井隆「どん底に大地あり」(公開終了しました)

具 正謨(上智大学神学部神学科 教授、イエズス会司祭)
………………教皇フランシスコのリーダーシップ『一緒に歩む』(communare insieme)に見られる識別の精神(公開終了しました)

小西広志(フランシスコ会司祭)
………………アシジの聖フランシスコ:総合的(インテグラル)なエコロジーの模範(公開終了しました)

佐久間勤(上智大学神学部神学科 教授、イエズス会司祭)
………………何が人と人、神、大地との関係を損なうのか:創世記(原初史)を読む(公開終了しました)

瀬本正之(上智大学神学部神学科 教授、イエズス会司祭)
………………すべてのいのちを守るための環境保護:環境倫理からみたインテグラル・エコロジー(公開終了しました)

竹内修一(上智大学神学部神学科 教授、イエズス会司祭)
………………いのちの隔離:ハンセン病は何を語るか(公開終了しました)

角田佑一(上智大学神学部神学科 助教、イエズス会司祭)
………………教皇フランシスコ『ラウダト・シ』における三位一体の神秘:いのちの交わりとエコロジー(公開終了しました)

英隆一朗(聖イグナチオ教会主任司祭、イエズス会司祭)
………………フランシスコ教皇の言動から、今日の教会がどうあるべきかを考える(公開終了しました)

森裕子(上智大学神学部神学科 教授、援助修道会会員)
………………観想することと気づかうこと:教皇フランシスコとともにパンデミックの危機において信仰を生きる(公開終了しました)

吉川まみ(上智大学神学部神学科 准教授)
………………環境教育をはじめるために:インテグラル・エコロジーに向けて(公開終了しました)

若松英輔(批評家・随筆家、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授)
………………いのちの神学(公開終了しました)


■お問い合わせは、上智大学神学特別講習会係(sophia.theology.2021@gmail.com)にお願いします