神学と上智大学神学部

 

神学とは....現代世界を別の視座から展望する、古くて新しい真理の探究

神学は、哲学、聖書、歴史、教義、倫理、文化というきわめて多岐にわたる分野からなる総合的な学問です。それらが共鳴しつつ求める中心は、人間を豊かにする真理です
諸学問は、自分自身との関係、まわりの人々、社会や環境との関係を深める助けとなりますが、多様な現代世界を生きぬくには、さらに超越からの視座が必要です

  •  

 

上智大学神学部は。。。日本で唯一のカトリック神学部 ―世界のネットワークの中で―

中世からヨーロッパの大学は、神学部を起点として発展してきました。その伝統を受け継ぎながら、キリスト教を根本から究めようとするのが上智の神学部です
同じ理念の神学部を有する世界のカトリック大学と連携しながら、キリスト教倫理や文化を備えた人、宗教科教員や聖職者の養成を目指します

 

上智大学神学部 60年の歩み

  • 1951年(昭和26年) 大学院設置にともない、文学部神学研究科が発足
  • 1956年(昭和31年) ローマ教皇庁「神学校および大学聖庁」により教会認可神学部(Facultas ecclesiastica theologiae)として認可
  • 1958年(昭和33年) 日本の文部省(当時)から神学部神学科として認可
  • 1966年(昭和41年) 教皇庁からの援助により神学部新校舎が竣工
  • 1970年代後半以降  聖職者あるいは聖職志願者以外の学生の入学が顕著に
  • 1987年(昭和62年) カリキュラムを司祭課程と一般課程のふたつのコースに分離し、司祭課程外の学生に向けた独自の教育課程を開設
  • 2001年(平成13年) 組織神学副専攻とキリスト教学副専攻を開設
  • 2008年(平成20年) 神学部神学科創設50周年を迎える
  • 2009年(平成21年) 新カリキュラム発足。神学部入学定員増員
  • 2013年(平成25年) 宣教実務系(編入生の選択コース)開設