神学講習会

2017年度 第64回 上智大学 夏期 神学講習会 のご案内

2017年は、マルティン・ルターによって始まった宗教改革から500年の節目の年にあたります。教会を決定的な分裂に導いたとのみ理解されてきたこの宗教改革を、今年カトリック教会とルーテル教会を中心としたプロテスタント諸派は、共同礼拝などを通して、新たな交わりを模索しつつ共に記念してゆきます。本講習会においても、日本という地で、キリストの福音を生き、告げ知らせるために、相互の理解と対話を深めてゆきたいと思います。キリストにおける一致と福音宣教に関心をもっておられる多くの方々のご参加をお待ちしております。


期 間 : 7月29日(土) 、30日(日)
時 間 : 〈午前〉第一講義 10:00 ~ 11:00
        第二講義 11:15 ~ 12:15
    〈午後〉第三講義 13:30 ~ 14:30
        第四講義 14:45 ~ 15:45
会 場 : 上智大学四谷キャンパス 2号館4階


総合テーマ: 和解と交わりをめざして:ともに告げるキリストの福音
―宗教改革500周年を記念して―

コーディネーター:片山 はるひ(上智大学教授)


  7月29日(土)
1) ルター:福音に生かされる                    石居 基夫(ルーテル学院大学教授)
2) 福音告知と分かち合い                       幸田 和生(東京大司教区補佐司教)
3) 押田成人のエキュメニカルな霊性            石井 智恵美(日本キリスト教団まぶね教会牧師)
4) 誰でもの証
    ― 一致へと向かう《イエスの宣教》に倣いて ―         原 敬子(上智大学神学部助教)


  7月30日(日)
1) 「和解の奉仕」
    ― イエズス会36総会教令における新たなミッション ―     川中 仁(上智大学神学部教授)
2) 和解をもたらす福音:ヨセフと兄弟たちの物語を読む          佐久間 勤 (上智大学神学部教授)
3) 壁を越えて、つながる人:ヘンリー・ナーウェン              酒井 陽介(イエズス会司祭)
4) テゼ共同体:その祈りと言葉                      打樋 啓史(関西学院大学教授)


講習会期間中はS.J.ハウスでミサがあります。午前9時から9時45分(クルトゥルハイム聖堂)
プログラムに変更がある場合があります。詳しくはHP(http://www.sophia-theology.org/)をご覧ください


受講をご希望の方は、公開学習センターにお申し込みください