キリスト教倫理系 科目群

キリスト教倫理系では、哲学、聖書、神学的人間論とともに、いのちの倫理、社会倫理を学びます。キリスト教的生き方に関心のある学生、とくに宗教科や社会科の教員を志す学生に勧められる系です

キリスト教倫理系・いのちの倫理   担当
※は非常勤講師
※※は他学部所属教員
性の倫理 人格としての人間にとって重要な位置を占める性について、キリスト教の観点から考察します。テーマは、いのちの尊厳、方法論とその源泉(特に聖書)、性と結婚、性差と性的志向、性と暴力です 竹内修一
倫理神学の諸問題 第二バチカン公会議(1962-65年)を経て大いに刷新された倫理神学は、人格中心のアプローチをとります。その特質を公会議の公文書『現代世界憲章』、教皇ヨハネ23世の回勅『Pacem in terris』を精読しつつ確かめます 竹内修一
パストラル・ケア 将来、教会や学校で「魂への配慮」に携わることを考える学生を主な対象として、①パストラルケアの神学的基礎、②私たち自身の他者や世界とのかかわり方、神とのかかわり方に対する気づき、③キリスト教信仰及び人間観に基づく援助的なかかわりの基礎を学びます 武田なほみ
宗教体験と人間性 D. ゼレ、V.フランクル、H.ナウエンの文献を読み進めながら①人間理解とスピリチュアリティ、②意味への志向性、③存在とよろこび、④回心と共なる生、⑤喪失と悲嘆をテーマに、人間の宗教性とその深まり、生の歩みについて神学的視点から考察します 武田なほみ
宗教学 食事、家庭、環境など日常生活に身近なことがらに内在する超越的な価値に目を向け、宗教の現代的意義を考察します。日本人の死生観と葬儀、日本人と動植物、清貧の思想、現代日本人と無宗教などについても取り上げ、日本人の生活とそのあり方について考察を深めます 高山貞美
倫理と霊性 キリスト教を生きることが「霊性」ですから、倫理と切り離すことは不可能です。倫理と霊性を統合し、自らの生き方を構築する基礎として①人間の宗教性、生きる意味の問題をテーマに、フランクル、神谷美恵子などの著作に学びます。また②霊性における「祈り」を中心に学びます 片山はるひ
生圏の倫理 カトリック思想家今道友信のエコエティカなる構想を頼りに、現代世界の倫理的状況を「技術連関に編み込まれたいのち(生圏)」という視座から捉え直し、建設的な文明批判たるキリスト教倫理に基づく「生圏の倫理」を考察します 瀬本正之
ボランティア論 米国と日本における組織的なNPO活動をワークシートを使って分析したり、学生のボランティア等の体験事例を「体験評価のものさし」で分析したりします。ボランティアの例は、福祉、学校教育など公的なものはもちろん、現地民間企業とタイアップした海外ボランティア、大学地元でのパティシエ修業から、インターンシップを応用した民間企業ANAでの体験まで、圧倒的な幅広さでボランティアや社会的活動の可能性を広げて考えていきます 川中信※
スピリチュアリティとケア実践 臨床スピリチュアルケアをテーマに、①臨床現場でのスピリチュアルケアの実際等について学び、②スピリチュアルケアの神学的・哲学的構造、宗教者の臨床実践としてのスピリチュアルケア、チームケアにおけるスピリチュアルケア、臨床スピリチュアルケア実践者養成等についても学びます 伊藤高章※※
社会福祉倫理学 社会福祉を学ぶ上で、また福祉の専門職業人として必要とされる社会倫理、およびそれに関連する理論、考え方を学びます。福祉専門職業倫理だけではなく、その判断基準、社会政策の公平性の基準、さらには社会福祉の歴史の中で有力な考え方となったさまざまな哲学、道徳論、カトリック社会倫理やプロテスタント社会倫理、バイオエシックスや医療倫理についても考察します 栃本※※ 道念※※
キリスト教倫理系・社会倫理    
道徳哲学 聖書の道徳観と現代の道徳観の比較から出発して、現代の道徳的チャレンジに対する答えを探すのがこの講義の目的です。現代の道徳観の背景にある哲学的思想、特に現代ユダヤ教思想を代表する哲学者を紹介します HAIDAR, Juan
カトリック社会思想 今日世界の直面する人類共通の諸課題―環境保護、平和の促進―に対するカトリック教会の考え方、アプローチの仕方を、『教会の社会教説概要』(教皇庁「正義と平和」協議会刊)、関連する教皇回勅などに基づき理解を深めます 小山英之
民族関係論 今日の世界を理解するのに不可欠なエスにティーに関して、民族紛争、移民、難民、多文化主義、ナショナリズム、紛争と宗教との関係などをテーマに考察します 小山英之
平和学 「平和」の反対は、「戦争」ではなく「暴力」と捉え、「暴力」とは何か?という理解を土台として、今日人類が直面しているテロリズムや環境破壊を視野に入れて、いかに世界の人びとが連帯して自然環境との調和のうちに生きていけるかについて包括的に考察します 小山英之
人権と対話の政治学 グローバル化が進む社会の中で、基本的人権が侵害されている現状を分析します。いくつかの人権問題をケーススタディーとして取り上げ、対話というアプローチを通して政治学を考察します AUGUSTINE, Sali
政治と宗教 宗教という視点から社会を見ると、政治と社会の実態が驚くほどよく見えてきます。「政教分離」、「宗教の世俗化」、「原理主義、保守主義の実態」、「文化ナショナリズム」、「カトリック教会における解放の神学」、「政治の市民社会論的立場」などの事例を元に、政治と宗教のあり方を分析し理解を深めます AUGUSTINE, Sali
キリスト教とコミュニケーション エウカリスチア(聖体の秘跡)について典礼神学の視点から考察します。テーマは①第二ヴァチカン公会議の典礼刷新、②カトリック教会における典礼の象徴的な対話の本質、③エウカリスチアにおける対話的な要素、④典礼的な対話とそのメディアです FIRMANSYAH, Antonius
経済・経営の倫理 世界規模で行われる経済活動において、人間尊重という価値観を基盤に、国際的視野をもって、21世紀に向けてのビジネスのありかたを学習します。具体的には、経済経営活動に必要な労働者、資本、技術、ミクロ&マクロ知識を分析し、新経済秩序のもとで国際機関・多国籍企業の責任、第三世界と先進諸国間の経済活動についても研究します PUTHENKALAM, John Joseph※※
国際政治経済論1、2 現代国際政治経済の諸問題を、政治学ではなく経済学の立場から講義。貿易政策の政治経済学(自由貿易擁護論の是非)、国際交渉・貿易協定の経済学的基礎、国際経済体制、地域経済統合、経済のグローバル化などについて論じます 下川雅嗣※※
アイルランド研究2 平和学の事例研究として、北アイルランドで生活する様々な人々に対するインタヴュー集を読みながら、対立する人々の異なる経験、見解を理解することを通して、北アイルランドの人々の紛争から和平への苦難の道程を探ります 小山英之
キリスト教倫理系・基礎科目 基礎科目として、他系の科目群から選択
哲学 倫理学Ⅰ、Ⅱ 人間論Ⅰ、Ⅱ 古代哲学史 中世哲学史 近世哲学史 キリスト教と哲学Ⅱ
倫理神学 キリスト教倫理Ⅱ
神学 神と人間Ⅱ 終末論
聖書 生活と聖書 モーセ五書 預言者 詩編と知恵 福音書